ゴジラ シンギュラポイント Godzilla Singular Point

怪獣

close

ゴジラ

ゴジラ

ラドン

ラドン

千葉県房総半島逃尾市に突如現れた飛行生物。翼竜であるケツァルコアトルスとの類似が指摘される。体組織から放射性物質であるラドンが検出されたため、いつの間にかラドンと呼ばれることに。



ラドン(成体)


房総半島南部に群れとなって飛来したラドン。最初に発見された個体とは、大きさ他、細部に差異が認められる。海中から出現したことが確認されている。恐竜とは異なる生物であるらしい。

ゴジラ アクアティリス

ゴジラ アクアティリス

東京湾に現れた超巨大生命体。東京湾に紅塵をまき散らしつつ、マンダの群れを追跡していた。

アンギラス

アンギラス

ラドンの死体を求めて現れたと思われる、陸棲四足歩行怪獣。全身に大きな棘を持ち、常識を超えた反応速度を示す。命名は逃尾市長の孫。アンキロサウルスの言い間違いではないかとされる。

サルンガ

サルンガ

インド北方ウパラ、アーキタイプの研究施設に現れた陸棲二足歩行怪獣。極めて高い運動能力を示す。現地では、額の模様からヴィシュヌ神の持つ弓、シャランガの名で呼ばれた。のちにインタビューに答えた日本人から、サルンガの呼び名が広まった。

マンダ

マンダ

房総半島沖で目撃された巨大海棲怪獣。海蛇を連想させる姿から、マンモス級の蛇を意味するマンダという名前が閣議決定された。

ゴジラ アンフィビア

ゴジラ アンフィビア

海から上陸を果たした超巨大生物。南房総に伝わる伝承から「ゴジラ」と命名された。大量の紅塵を発生させ、気候にも影響が。